髪の傷みを簡単に治す方法

メインメージ

髪が傷んでもうヤダ…そんな時に傷んだ髪を治す方法があった!

髪の傷みを簡単に治す方法 イメージ

髪の傷みを簡単に治す方法は、美容院でカットしてもらうことです。

現在様々なヘアケア用品が発売されていますが、高額な割にその場しのぎの対症療法に過ぎず、根本的な解決手段とはならないのです。

そのためにはカットの上手い美容師さんを見つける必要があります。

ドライヤーをあまり使わずに、手ぐしで毎朝のヘアセットができるカット技術を持っている美容師さんです。

その探し方は、ネットの口コミサイトが一番手っ取り早いです。

髪は女の命ですからカットするのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、根本的に髪の傷みを治すのはカットするのが一番です。

髪の傷みを治す方法

パサツキや枝毛・切れ毛など、毎日セットに時間を掛けても、髪自体が痛んでいては、キレイに仕上がりませんよね。髪の傷みは、うねりやボリュームにも影響します。髪は本来の美しいツヤとハリが必須です。

髪の傷みを、トリートメント効果UPして、簡単に治す方法をご紹介します。いつものトリートメントはどうやっていますか?

シャンプーの後、軽く水を絞ってから髪につけ、洗い流すというのが主流の使い方ですが、ここで一工夫するだけでトリートメント効果を最大に引き出す事ができます。

髪はしっとりと落ち着くため、乾燥や静電気の発生を防ぎますので、髪へのダメージも少なくなります。

毎日続けるごとに、しっとりツルンとした手触りと、きらきらしたツヤが戻ってくることを実感できますので、是非試してみてください。

ご紹介するのは、美容師さんが実際に美容院で行っている「チェンジリンス法」です。シャンプーの後、しっかり髪をすすいだら、軽く水気を絞り、トリートメントを毛先からつけていきます。

ここまではいつもと同じですね。しばらく置いて髪に浸透させたら、洗面器の中にトリートメントがついた髪を入れ、お湯を溜めます。

シャワーで流すとき、お湯を捨てずに洗面器に溜めてもOKです。

トリートメントが溶け込んだお湯に髪をしっかりと浸けます。浸からない部分はトリートメント湯を手ですくい、髪全体になじませていきましょう。トリートメント湯が髪に染みこむのを実感できます。

その後、ぬるま湯で軽く流して、完了です。コンディショナーで仕上げても良いですね。トリートメントは髪に浸透し、コンディショナーは仕上げのコートになります。順番を間違わずに使いましょう。

たったこれだけの一手間で、トリートメント効果が劇的にUPするのです。なぜかと言うと、トリートメント剤は直接髪につけるとムラになりますが、お湯に溶かすことで完全に乳化し、成分が髪に浸透しやすくなるのです。

トリートメントをすすいだお湯を使うことで、トリートメントは完全にお湯に乳化しますし、直接毛先につけた分は、濃い成分として毛に浸透しています。

ムラなく髪全体に浸透させる事で、トリートメント効果を最大に生かすことが出来るのです。美容院でトリートメントしてもらうと、しっとりツヤツヤになりますよね。

自宅で出来る、髪の痛みを簡単に治す方法でした。お好みのトリートメントでこの方法を使って、しっとりツヤツヤの髪をお楽しみくださいね。