髪の悩みはホルモンが関係している?

メインメージ

髪の毛の悩み全般は体内にあるホルモンと密接な関係がある?

髪の悩みはホルモンが関係している? イメージ

髪の毛が抜けやすい人はホルモンが感係している可能性が高いです。

男性ホルモンは前から中心部の髪が抜ける原因をつくりますが、大豆イソフラボンやプエラリアミリフィカ、レッドクローバー、ホップを使えば髪の悩みが改善できる場合があります。

それら全ては女性ホルモン様作用がありますから、抜け毛や薄毛の原因となる物質を抑制して、新しい髪の毛が生える様に補助します。

特にプエラリアミリフィカは効果が強く、毛髪を増加させる因子を誘発させます。

髪の悩みはホルモンが関係?

薄毛や脱毛、また髪が細くなるなどの髪の悩みと、ホルモンの間にはとても深い関係があります。まず成長ホルモンです。

これは文字通り、体の成長には欠かすことができないもので、量の差こそあれ老若男女問わず、分泌されています。最も分泌量が多くなるのは、夜間の睡眠中です。

髪の毛は、毛母細胞と呼ばれる細胞が分裂を繰り返すことで、少しずつ生え、成長していきます。そしてこの成長ホルモンには、毛母細胞の分裂を促進するのに作用があるとされている物質を分泌する作用があると言われています。

よってこの分泌量が不足すると、毛母細胞の分裂が滞りがちになり、発毛や育毛にも影響が出てくる可能性が高くなってしまいます。

先にも述べたとおり、これは夜間の睡眠中に多く分泌されるものですから、睡眠不足が続いているとか、睡眠の質が低いと言う人は、その分泌量が低下している恐れもあります。

次は性ホルモンです。これは男性らしさ、女性らしさ、また男性性機能、女性性機能を果たすために重要な役割を果たしている存在です。

まず男性の場合、これが特定酵素と結合することで皮脂の分泌が過剰になったり、発毛や育毛サイクルが乱れてしまうことが確認されています。

その結果として引き起こされ得るのが、男性型脱毛症と呼ばれることもある、AGAと言う頭髪トラブルです。この症状は、思春期以降の男性であれば、誰しもに起こり得る可能性があるとされています。

この場合は、特定酵素との結合を防ぐための薬を利用するのが効果的な治療です。一方、女性の場合ですが、エストロゲンと呼ばれるものには、発育や育毛に対して働きかける作用があります。

更に髪を強く、美しく保つための作用も持っています。そのためエストロゲンの分泌量が減少すると、薄毛や抜け毛などの髪の悩みが出やすくなります。エストロゲンの減少は、年齢を重ねることで起こりやすくなります。

閉経を挟んだ前後5年間のことは更年期と呼ばれていますが、この更年期に起こる不調の中に薄毛や抜け毛などが含まれているのも、こうした理由からです。

また若い人であっても、生理前後や妊娠、出産、ストレスなどによりエストロゲンの分泌量が減少することは多いので注意が必要です。性ホルモンの分泌に関しても、やはりまずは睡眠をしっかりとることが求められます。

更にその分泌を調節している部位と近い、自律神経の状態にも気をつけることが求められます。

自律神経もやはり生活リズムの乱れに弱いので、この点からも日々、できるだけ同じ時間に眠るようにして、同じ時間に起きるようにすることが望ましいと言えます。