AGA治療薬の種類と特徴

メインメージ

噂のAGA治療薬の種類とその特徴を詳しく解説しています。

AGA治療薬の種類と特徴 イメージ

AGA治療薬の種類に注目をしている人は、決して少なくありませんが、中でもフィナステリドやプロペシア、ミノキシジルなどの使い方をきちんと理解することがおすすめです。

特に、即効性の高い治療薬のメリットを理解するにあたり、高度なテクニックが要求されることがあるため、定期的に医師や薬剤師からアドバイスを受けることが良いでしょう。

そして、人気の高い治療薬の発毛効果の有無をしっかりとチェックすることが成功につながります。

AGA治療薬の特徴

年齢を重ねても、いつまでも若々しい容姿を保っていたいとか、おしゃれなヘアスタイルをして女性の気を引きたいといったように、自分の見た目を気にする多くの男性にとって、男性型脱毛症(AGA)はとても大きな悩み事となってしまうものです。

髪の毛が薄くなってしまうと、どうしても実際の年齢以上に老けて見られがちですし、似合う、また出来るヘアスタイルも限られてきてしまうからです。

AGAの症状の出方は、頭頂部か額の生え際から抜け毛が段々と進行するというもので、さらにその両方から進んでいく場合もあって、手を拱いている間に予想していた以上に状態が悪くなってしまう恐れがあります。

ではAGAの治療薬についての前に、いかなる原因によって生じるのかと言うと、テストステロンという男性ホルモンが大きく関係しています。

テストステロンは男性としての機能を発揮するためには大事なホルモンではあります。

ですが、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びついて生じるジヒドロテストステロンが、頭皮にあって髪の毛を作る役割を果たしている毛乳頭細胞に悪影響を与え、髪の毛がしっかりと育つ前に抜けてしまうのです。

そういったAGAの原因から、治療薬の種類としては、まずはジヒドロテストステロンに関わる改善効果を持つものが使用されます。医薬品であるプロペシアという飲み薬はその代表的な存在です。

プロペシアにはフィナステリドという有効成分が含まれています。そのフィナステリドがジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きを持っているため、プロペシアを服用することで抜け毛を防止する効果が期待できるのです。

このプロペシアと同じようにフィナステリドを配合したジェネリック医薬品はいくつか存在していますし、またザガーロという、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果がプロペシアよりもよりも高いと言われる新しい治療薬も近年生まれています。

それらとは異なる方向からAGAを治療する薬品としては、ミノキシジルという成分を配合したものがあります。

ミノキシジルには血管を拡張して血流を促進する働きがあり、それが頭皮に作用することによって髪の毛を作る毛母細胞を活性化させ、健康的な髪の毛の生育を促す効果が期待できるのです。

このミノキシジルを使用する方法としては、頭皮に付けるタイプの塗り薬と、服用するタイプのタブレットがあります。 このようにAGA治療薬は大きく分けて、抜け毛を防止するものと発毛を促進するものという二つの種類があるのです。